価格高騰を見せる東京の中古マンション事情を知る

トップページ > コラム > 価格高騰を見せる東京の中古マンション事情を知る

価格高騰を見せる東京の中古マンション事情を知る


東京に於ける中古物件事情



日本の経済の中枢として重要な役割を担う首都東京は、公的施設のみならずあらゆるジャンルの民間企業の本社並びに重要拠点が立ち並ぶ大都会であり、世界有数の人口密度を誇っています。当然首都圏に通勤通学するために東京都内あるいは近郊に住まいを構える方々も圧倒的な人数であり、こうした方々を受け入れるべく、次々と大規模な集合住宅の建設や宅地開発が続けられています。

同時に転勤その他で居住者の出入りが頻繁なのもまた、大都会に共通する特徴です。もちろん都内に在住されながら、ご家族のライフスタイルの変化に伴い、所有するマンションを売却される方も数多く、中古マンションは不動産業界に於ける主力物件として、常に積極的な売買取引が行われています。常に数多くの物件情報が、関連情報誌やインターネット、さらには仲介業者の各店舗の店頭などで配信掲出されているのも、ご存知の通りです。

ここで注目すべきポイントとして、同地域の中古物件の相場の高騰傾向が挙げられます。一般的に全ての建築物は経年劣化が避けられず、どれだけ大切に住み続け、大規模修繕などを施したとしても、それらの販売価格はゆるやかに下落傾向を描くのが一般的です。それにも関わらず都内各所で高騰を見せる物件が後を絶たない現状には、何らかの理由が当然存在しています。現在売買をご検討中の方もいるでしょうが、そのためには正しい理解と諸々の事情と関連知識が必要となるでしょう。

何よりお手持ちの不動産売却、あるいは物件の購入に際しては、タイミングの見極めが非常に大切です。より大きなメリットに繋がる不動産取引にするためにも、マクロ的な視点から市場の動向をとらえると同時に、ミクロ的な着眼点を見過ごさない姿勢も求められます。



価格高騰の要因を知る



一般的に中古マンションは築年数が大きくなるにつれ、新築分譲時の価格に対しての目減り、すなわち不動産としての価値の減少が避けられません。ところが、建物自体の下落を補って余りある程の価格高騰を見せるケースも多々見られ、それは首都東京のみならず、全国各地に共通する非常に興味深い動向です。

その主たる要因として、生活環境の急速な改善が挙げられます。例えばそれまで最寄駅まで徒歩数十分とアクセス面が不便だった地域に、新駅の新設が決定したり、大規模な商業施設が近隣に建設されたり、新設校や病院などの公的施設の新設案が正式に承認されたりといったことなどが、この状況に該当します。それまで決して便利とは言えなかった周辺環境が一気に改善されるとなれば、新築中古を問わず取引相場は一気に上昇するのが、不動産取引の世界においては基本となっています。

もちろん、こうした地域開発は一朝一夕で確定する訳ではありません。中長期的な協議と検討を通じて計画が進められるため、注意深く事前情報にアンテナを張り巡らせていれば、数年先に価格急騰がほぼ確約された中古マンション物件を、いち早く見分ける事も十分可能です。とりわけ不動産投資への参入を考えている場合は、より高額家賃での賃貸が見込まれる物件を好条件で購入出来れば、より効率の良い不動産投資ができる可能性が高まります。

こうした情報に強いのはやはり、地域密着スタイルで実績を誇る不動産業者に他なりません。物件探しに際しては積極的に質問して、有力な周辺情報の収集を心掛ける姿勢も大切です。



大切な販売業者の見極め



大きな金額の負担が避けられず、価格変動などの影響を受けて、購入した物件の資産価値が時に大きく乱高下を見せる不動産だからこそ、事前に各方面から情報収集をして総合的に最終判断を下すのがベストです。しかしながら、人気物件には購入希望者が集中する上に、不動産業者は慈善事業ではなく、営利追求企業ですので、当然セールスにも力が入ります。商談権を無用に長期間確保するといったことは出来るとは限りません。

とりわけ東京の物件の価格高騰はその振り幅もより大きく、上手なタイミングで購入することが結果、実際の費用負担を遥かに凌ぐ資産価値を手元に届けるケースも少なくありません。そのためにも先ほども述べましたが、各方面から収集した情報やデータをもとに、近未来の動向を見極める作業が求められるのです。

こうした部分に長けた不動産業者も、流石に未来の状況をお客様に確約することは出来ません。しかし、これまでの事例など、現在購入候補に挙がっている中古物件の今後を推察する上で、より信頼度の高い情報やアドバイスを受ける事は可能です。まずは自身とご家族の向こう数十年間のライフプランを見据えることが大前提です。

そして同時に候補となる物件の周辺が、時代が進むに連れてどのように開発整備が進んで行くのか、この部分を冷静に見極め、総合的な不動産価値の推移を見据える作業が欠かせません。中古マンションは表向きの面積や間取りに対してのお買い得感だけに飛びついてはならない、ある意味新築物件よりも多角的な検証が求められる不動産なのです。


物件・売却に関することは何でも
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-602-968 平日11:30〜20:00 土日祝10:00〜20:00 定休日:火曜日・水曜日

お問い合わせフォームはこちら