東京における中古マンションの価格動向を確実に捉える

トップページ > コラム > 東京における中古マンションの価格動向を確実に捉える

東京における中古マンションの価格動向を確実に捉える


不動産物件の相場の動向の重要性を知る



一般的に全ての物件は、築年数の経過すなわち経年劣化に伴い、不動産としてその価値を徐々に下げて行く傾向が避けられません。ところが全ての物件がその限りでは無く、中長期的なスパンで検証した場合、その価格動向は時に上昇傾向や急落など、さまざまな変動を見せ、こうした動向から目が離せません。ただ漠然と販売価格が予算内か否か、間取りなどが希望条件にマッチしているか否かだけを検証する購入は、本当の意味で賢い購入スタイルとは言えないのが現状です。

例えば中古マンション購入に際しては、価格が下落したタイミングで購入すれば、単純に負担する金額を抑えられるのみならず、その後上昇傾向を見せた場合、売却によって結果を生み出せる可能性もゼロとは言えません。但しこうした不動産の売買だけで差益を継続的に確保する事は現実難しく、あくまでこうした傾向が見られる事実を、予備知識として知っておいて損はありません。

とりわけ東京におけるこうした動向は以前から多くのマンションで確認されており、いくつもの要因が時に複雑に相互に影響する事で、販売価格が時に大きく変動を見せています。当然購入を検討中の方々のみならず、不動産業界内外も常にその動向に視線を送り続けています。同地域の中古物件の価格動向に関するさまざまな知識や情報は、経済社会全体の動向や傾向にも関連するお話ですので、ぜひこの機会に豆知識としてご確認いただければ幸いです。特にご自身ご家族の住居として以外の用途、例えば不動産投資目的で既存の中古マンションの確保をご検討中の皆様には、初期投資金額を抑え、より高額の家賃設定での運用に繋がる着目ポイントとなり、受け流すという選択肢は見当たらないでしょう。



不動産購入に際しての関連基礎知識



一般的な概念として全ての建物は築年数を数える中、建物自体の経年劣化が避けられません。この現実が建物の不動産としての価値を緩やかに下落させ、中古マンションの再販価格を決定する大きな要素となります。何より居住者にとって大切な財産であり、価値の下落はそのまま各家庭の財産の減少に直結するため、これを防ぐべく必要な対策が講じられます。補強と美観面双方を回復から維持する目的の大規模修繕や、管理清掃業者による一条的な作業のレベルアップを要望するなど、自分達で実践あるいは然るべき出入り業者へ依頼しての対応に、各物件は余念がありません。

一方こうした自主的努力と対応以外にも、中古マンションの価格動向に影響を与える要素が複数存在しており、特に首都東京などの大都市圏では、こうした地域ならではの特徴が無視出来ません。既に皆様のご推察の通り、真っ先に挙げられるのが周辺環境の開発改善に他なりません。東京の特徴として、ビジネスと商業の中枢となる都心部と、昔ながらの住宅地域、更に都内でも端に位置する、宅地開発が現在も続く地域との区別が明確な点が挙げられます。

特に都心部から離れた緑豊かな地域の場合、新築マンションとして分譲された時期と比較して、周辺の各施設の充実など、生活環境としてのレベルアップが急ピッチで進んだ場合、建物の経年劣化による不動産的価値の下落を、立地条件のグレードアップがカバーするのみならず、更にプラスへと押し上げる可能性もゼロとは言えません。市場の傾向を正しく読み取るに際しては多角的な視点からの確認と推察作業が求められます。



不動産投資物件としての見極め



中古マンションを不動産投資目的で調達するのであれば、より一層の慎重な中長期的な価格動向の見極め作業が欠かせません。賃貸物件が丸ごと1棟売りに出される場合、賃貸経営が事業計画通りに進まず、現オーナーが売却を希望している可能性が伺えます。入居率の低さを招く要因を考え、自身が購入後に改善して十分なメリットを得られる確証が得られなければ、先行投資を大きく抑えられる好条件であっても飛びついてはなりません。

一方で現時点で確実に立地条件が改善され、中古不動産としての価値が確実にアップすると見極めたれたのであれば、物件確保から家賃設定や見込まれる入居率双方から、投資価値十分との結論に至るケースも想定されます。こうした重要な判断基準となる関連情報を自身の手だけで収集するのは難しく、然るべき専門業者からの信憑性の高い最新情報が必要です。

新築マンションと比較して購入価格が抑えられ、その後の価値の目減りが抑えられる可能性が十分期待出来る中古マンションは、財産として住居としてのみならず、安定した家賃収入を確保する上でも見過ごせない物件です。東京という目まぐるしく街の環境が変化と進化を見せ続ける地域であれば、その価格がより大きく乱高下する可能性にも満ちており、リスクを正しく見極めた上での綿密な購入計画の構築が求められます。ご自身ご家族のライフプラン、あるいは賃貸経営なる不動産投資計画に重ね合わせ、好条件の物件が他の購入希望者に押さえられてしまわぬタイミングで、後々後悔に繋がらぬ結論を導き出していただければ幸いです。


物件・売却に関することは何でも
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-602-968 平日11:30〜20:00 土日祝10:00〜20:00 定休日:火曜日・水曜日

お問い合わせフォームはこちら