マンションの利点や固定資産税と物件の選び方

トップページ > コラム > マンションの利点や固定資産税と物件の選び方

マンションの利点や固定資産税と物件の選び方


マンションの利点について知ろう



日本には様々な物件があるということをご存じの方も多いでしょう。例えば一軒家は一戸建ての住宅のことで、普通は土地と住宅をそれぞれ別で購入するか、分譲住宅、中古物件の購入などが挙げられます。また、資産に余裕がある人は自分の好みの観光ポットに別荘を建築する人もいます。一戸建て住宅の中にはログハウスなど様々な種類があるので、この日本で利用されている一戸建ての住宅はたくさんあります。一戸建て住宅だけでなく、日本にはマンションがあります。基本的に田舎では少なくないですが、人口が多い日本の主要都市では次々と建設がされ、その数は従来に比べて非常に多くなりました。

賃貸をするところもありますが、購入する人が多く、実際に購入を検討している人も少なくないでしょう。マンションは他の物件に比べて様々な利点があることで知られ、購入を検討している人はどのような魅力があるのか把握してみてはいかがでしょうか。

例えば利点の一つとして挙げられるのが、セキュリティです。パソコンなどのインターネット機器においてもセキュリティが求められますが、住宅のセキュリティについても日頃から対策を施している人は少なくありません。もしセキュリティが弱ければ自分のご家庭の安全を確保することができないので、安心して生活をすることができない恐れがあります。一戸建て住宅においてはセキュリティを高めるために警備会社が提供するセキュリティシステムを搭載しているご家庭も少なくないですが、マンションにおいては購入する時点からそのような設備が設置されています。さらに優位性が高いことで知られています。

例えば、施設内に入るためには鍵もしくは暗証番号が必要なオートロック式のところもあります。オートロック式であれば侵入できる人が限られるので泥棒、放火などに対して一定の対策を施すことができる可能性があり、その上将来の修繕計画がしっかりとしている点も利点の一つです。さらに耐震性や耐久性が求められるケースが多いです。以前は修繕計画がしっかりと準備されていない物件もありました。また、一戸建てにおいては全て持ち主が自分で計画をしなければなりませんから、その分負担がかかるケースもありました。今現在販売されているマンションにおいては比較的将来に対する計画が整備されており、住む方は安心して長い期間その場所で生活することができます。



マンションの固定資産税について



上記のように魅力がたくさんあるので、マンション購入を検討している人もたくさんいますが、初期コストと同様に固定資産税に対して不安を抱いている人も少なくないでしょう。固定資産税は民法で規定されており、例外を除き、固定資産税は不動産に対してかかる税金のことになります。

不動産とは家屋や土地のことを指し、戸建の方はもちろんのこと、マンションを購入した方も固定資産税がかかります。基本的に物件を購入する時は住宅ローンなどを組んで手に入れる方がいますが、住宅ローンは支払いが完済すれば次からかかることはありません。一方で固定資産税は例外を除き、その建物を所有している限りずっと支払いをし続けなければならない税金のことになります。

そのため、住宅を購入する時は固定資産税が気になり購入を諦めてしまう人も少なくありません。何故なら額が大きいからです。控除などを受けない場合、一年に10万円以上の請求がきます。一括で支払う方法もありますが、年に数回分けてお支払いをするケースもあります。費用負担が多い固定資産税ですが、マンションを所有している場合、どのぐらい支払うことが求められるのでしょうか。算出方法は標準税率に足して課税標準額を乗算した結果がお支払いしなければならない額になります。標準税率は1.4パーセントとされています。購入をする時はなるべく固定資産税のことを把握してから購入をするようにしましょう。



物件の選び方のコツを知る



固定資産税の額を検討したら、実際に物件の予算を家族で話し合うことになるでしょう。中古物件やその他の物件など数多く存在していますが、予算を予め把握した上で探すと効率的にご家族に合った物件を選ぶことができます。

また、選ぶ際には立地を確認します。基本的に一戸建てに比べて立地が良いとされているマンションにおいては過度に立地に対して拘りがない場合、基本的に多くの物件においてアクセスの利便性が良くなっています。しかし、お勤め先や子供の通っている幼稚園や学校によって好みの立地がそれぞれのご家庭で変化するので、地図などで予め確認をして学校や会社に通いやすいところを選択するようにしましょう。

間取りなども確認をしましょう。例えばお子様が2人いるご家庭では3LDKから4LDKの物件を選択すると子供部屋を一人一人持たせてあげることができます。それぞれのご家庭に求める間取りは異なるので、販売サイトなどで確認をしてください。


物件・売却に関することは何でも
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-602-968 平日11:30〜20:00 土日祝10:00〜20:00 定休日:火曜日・水曜日

お問い合わせフォームはこちら