古くなったマンションをリフォーム!工事で損をしないコツは?

トップページ > コラム > 古くなったマンションをリフォーム!工事で損をしないコツは?

古くなったマンションをリフォーム!工事で損をしないコツは?


マンションのリフォーム工事で業者に伝えるべきポイント



多くの人にとって、マンションのリフォーム工事は一生のうちにそう頻繁には経験することのない、決して安くはない買い物です。また、何度もリフォームを経験している人であっても、工事のパターンはその都度微妙に変わるため、体系的なノウハウが蓄積されにくいとも言えます。



リフォーム工事では基本的に、依頼後は業者との交渉となります。交渉は最初が肝心です。ほとんどの業者は電話での聞き取りの段階で工事のあらましをシミュレーションするため、できるだけ早い時点で双方のイメージをすり合わせておく必要があります。特に念入りに伝えておくべきなのは、予算と工事範囲です。



マンションのリフォームは、使用する器具や素材によっていくらでもグレードを上げることができます。どのランクの工事を依頼するかは、もちろん依頼主自身に決定権があります。



また、初期の段階で工事のイメージにすれ違いがあれば当然完成図もまったく違ったものになりますので、どの部分をどの程度変えたいのかを最初にきっちり伝えておきましょう。



初めてのリフォームでは理想が高すぎるあまり、後々にいろいろと追加工事を依頼しがちですが、それも業者側の負担を考えれば最小限にとどめるべきです。工事に必要な素材は着工時にそろえられるのが普通で、あとになって工事内容を変更してしまうと、場合によっては基本のところから組み立て直す必要が生じます。見積もりが複雑になる要因にもなるため、完成イメージは依頼前に組み立てておき、追加工事はよほどの緊急時以外は避けるようにしましょう。





マンションのリフォーム、優良業者はここが違う!



決して安くはないコストをかけるわけですから、リフォーム工事は信頼できる優良業者に依頼したいところです。業者の力量が最も分かりやすく反映されるのは見積書です。見積書は工事にかかる費用の金額とそれぞれの内訳を示したものですが、たんなるコスト以外に、見積書を入念に読み込むことで、その業者の工事に対するスタンスのようなものまで推し測ることができます。



工事費用は大きく、工事費と諸経費に分けられます。スタッフの人件費や使用する器具や素材の材料費など、工事そのものにかかるコストのことです。諸経費とは現地調査などのコストや保険料などが含まれ、業者側の営業利益もこちらに上乗せされます。



工事費は工事そのものの料金のため比較的分かりやすいですが、諸経費のほうは仕組みが複雑で業者によって独自の項目を設けている場合もあるなど、「いつの間にか見積もりが高くなっていた」ということにもなりかねません。聞きにくいことだからと業者の言いなりにならず、見積書に少しでも不明な点があれば、必ずその場で質問するようにしましょう。やましいところのない優良業者であれば、見積書の各項目についてひとつひとつ丁寧にこたえてくれるはずです。



特に理由もなく回答をしぶったり、質問する度に上司に確認を取ったりするような業者は注意が必要です。予期せぬトラブルが発生した場合にそなえて、見積書は工事完了後も1年程度は保管しておきましょう。依頼前に複数の業者から見積もりをとっておくことは基本中の基本です。知名度のある業者が優良であるとはかぎりません。まずは自分自身で情報を集め、自分なりの判断で親切な業者を選びましょう。





マンションのリフォーム工事、クチコミは本当に参考になる?



リフォーム工事を検討している際に、誰もがまず業者選びで悩むのではないでしょうか。たくさんのリフォーム会社があり、各業者により得意ジャンルが異なるでしょう。水回りのリフォームが得意であったり、バリアフリーのリフォームが得意であったりとさまざまです。



初めてリフォーム工事を依頼する場合、友人や知人の紹介や、新聞の折り込みチラシのようなものは以前から多くの方に利用されていましたが、近年では、ネットでクチコミを参考にする方も少しずつ増えてきました。ネットの情報には客観的で有益なものもありますが、中には主観的で正確性に乏しいものもあり、情報の選別には慎重さが必要です。



漫然とクチコミだけを検索するのは得策ではありません。同じ業者でもユーザーによって評価ポイントが異なり、必要な情報がひとつのクチコミだけで得られるとは限りません。どのクチコミがどういった観点で業者を評価しているのかをあらかじめ把握し、自分にとって関係の薄いクチコミは思いきって最初から除外することも効率の良い検索のためには重要です。



誰にでも分かるデータだけを客観的に並べれば、自然とクチコミとしての信頼性は高まります。仮に工事で満足できない点が残ったとしても、業者の悪いところばかりを一方的に書きたてるのではなく、どういう対応であればより良かったのか、こちら側に落ち度はなかったのかなどを、感情をはさまず具体的記載されているものは、これからリフォームをお考えの方には良い参考となります。









物件・売却に関することは何でも
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-602-968 平日11:30〜20:00 土日祝10:00〜20:00 定休日:火曜日・水曜日

お問い合わせフォームはこちら